Toggle

未分類

『永遠の高校球児たちへ…マスターズ甲子園』という大会をご存知ですか…

先日のプロ野球ドラフト会議、今年も粒揃いの選手達が各球団それぞれの思惑を絡めた選択をされ、ある意味天命か運命かわかりませんが選手達の人生を左右する、悲喜こもごもの抽選結果に普段あまり野球には関心のない私も気になって帰宅後すぐにニュース番組テレビジョンを見ました
またプロ野球日本シリーズも一進一退の手に汗握る展開に野球少年の次男も毎晩BS放送にかじりつきで、若かりし頃に名古屋で8年間お世話になったドラゴンズ派の私と、千葉マリンスタジアムで観戦した経験からかマリーンズ派の次男とで楽しく盛り上がってテレビ観戦しております
でもいつの頃からでしょうか…?
私の子供時代には運動が得意な靴まわりの子供達はほぼ間違いなく無条件に野球を愛し日々プレーに明け暮れていた気がしますが、この頃はその後人気を二分させたサッカーだけに限らず、個人個人が思い思いのスポーツ種目に分散し、各スポーツ団体もすそ野を広げ世代を越えての一環した選手の育成体制が少子高齢化の日本では急務のようで、ジュニア層に対して積極的なアプローチをしているようです
そんな難しい思惑と関係あるのかないのかは知りませんが、このところ新聞や週刊誌などの記事によると各スポーツともジュニアとは対極のシニア層へのアプローチも増え始め、中でも「マスターズ甲子園(http://www.masterskoshien.com/index2.html)」の情報がよく目に入ります
マスターズと言えば往年の名選手を中心としたプロ野球マスターズリーグも以前からよく耳にしましたが、先日残念ながら亡くなられた私の地元の大先輩大沢啓二監督などが出演されたアルコール飲料のコマーシャルの露出などによる効果も大きかったのかもしれません
高校野球では私と同世代なら、なんといっとも金沢星陵高校と箕島高校の歴史に残る甲子園での名勝負があり、当日偶然にも金沢の叔母の家でテレビ観戦をしていたことで私自身記憶に深く残るゲームでしたが、その後の両校選手の交流を先日テレビ番組テレビで見る機会があり、まさに人生のドラマを地でいくストーリーに胸を熱くするものを感じました
そんな野球選手たちがオジサンと呼ばれる世代になっても、あの感動をもう一度と、また自分の子供や家族に伝えたいなにかがあるかのように、年々マスターズ甲子園大会野球を目指すOBチームが増え、このところジワジワと参加校が広がっているようです
そんなマスターズ甲子園2010本大会へ今年神奈川県代表として出場されます法政二高チームの方の奥様が当店へご来店されました
それは以前に表ショーウインドに飾ってあった当店オリジナル製作の野球グローブペンダントのご注文でした
この野球のグローブは、国家資格の貴金属装身具製作技能士一級王冠で長年ジュエリーの原型を製作するベテラン職人に、遊びでなく本気で野球のグローブをモチーフにミニチュアジュエリーを作っていただいたものです

▲今回イエローゴールド素材を使用し、グローブのみマット仕上げ加工 天然ダイヤモンド0.1ctサイズ
世の中は不思議なもので、ご注文第一号の方は当店がまだ製作途中にこの件をまったく知らずに野球関連のジュエリーはありませんか?と電話で突然問い合わせをいただいた方で、少年野球チームの一員が海外へ野球留学飛行機するため、チーム全員からの御守り代わりの餞別の品を探していらっしゃる方々でした
その後も様々なご要望があり、手頃な価格でのご予算希望の方には、携帯ストラップなどをスターリングシルバーにて製作もさせていただきました
今回のご注文のお客様は来る11月12日晩に開催されるマスターズ甲子園前夜祭からご参加され、14日には総勢約50名の神奈川県代表チームとし兵庫県代表の市立尼崎高校OBと対戦されるそうです
今回当店では神奈川県代表、法政二高OBチームのご健闘と、失礼ながら皆様がお怪我病院無く楽しい思い出作りになられることをお祈りして、金製のゴールデングローブの中で輝く天然ダイヤモンドを、ちょっぴりサービスして綺麗なダイヤモンドを留めさせていただきました…
できましたら前夜祭にて奥様の胸元で燦然と輝くグローブの中のダイヤモンドの力をもって、他の代表チームを試合前から圧倒していただきたいと願っております
尚、グローブの手首部分と親指部分には、ご希望の文字を手彫りでお入れさせていただいております

▲以前に記念品製作のご注文でお納めしました、シルバー素材にゴールドメッキ加工 キュービックジルコニア使用の本革携帯ストラップ。
もちろんお一人お一人に手首と親指部分へそれぞれお名前を手彫り加工致しました。

Return Top