Toggle

新着情報

いよいよ明日11月11日(水)、横浜キャッツ柿落し(こけらおとし)!

◄横浜駅周りに掲出され始めた案内ポスター
夏が去り、あっという間に秋から冬へと向かいはじめ、一昨日ぐらいから横浜駅東口周辺でも早くもクリスマスツリーイルミネーションの飾り付けがチラホラと目につくようになりました。
今年は開国開港150周年記念の年ということで、夏前から様々なイベントが催され、なかでも9月末に終了しましたY150イベントなどは入場見込み者数を大幅に下回る結果となり、その騒動が新聞報道などでだいぶ取り沙汰されておりましたが、有料入場数はともかく少なくとも人出が増えた実感は確実にありました。
そんな横浜駅東口サイドで、今度は劇団四季のキャッツシアターが明日11日水曜日にいよいよオープンし柿落とし赤ちゃんとなります。
カメラのキャノンがメインスポンサーとなり、スカイビル・日産グローバル本社に隣接するみなとみらいの57街区ビルにCANONキャッツシアターの名称で客席数約1100席を誇る劇場です。

◄スカイビルよる望む…左から日産グローバル本社ビル、遠くにみなとみらいランドマークタワー、中央低層階の建物がCANONキャッツシアター、右端は高島町2丁目にそびえ立つ高層マンションビル、その右側は横浜駅平沼側裏になります

▲キャノンキャッツシアター

わがスカイビルB2階の正面入り口横のエントランスから、みなとみらい・新高島駅方面への階段も、キャッツシアターバージョンに化粧直しされました。
横浜駅東口では、更に日産グローバル本社後ろに隣接して、富士ゼロックスビルも外観はほぼ完成し、来春からは日産グローバル本社の就業人口2000人強の倍にあたる5、000人を超える方々が新たにお隣さんとして引っ越されてくるそうですし、またこのほかにも桜木町駅前28街区にも、来春オープン予定でニューオータニインホテルやシネコンが入居する高層ビルが立ち上がりつつあります。
そんな、ここ横浜駅東口サイドでは4~5年振りにお越しになられたら、間違いなく浦島太郎状態になるぐらいの開発ラッシュが続いております。
こんな日々刻々と変化する横浜東口は、しばらくの間目が離せません…。ひらめき

▲左:日産グローバル本社後ろ隣接の富士ゼロックスビル 右:そごう海側の連絡橋から繋がる横浜ベイクォーター、左後ろが立ち上がったばかりの開業準備中のベイクォーターANEXの入るビル

Return Top