Toggle

未分類

ちょっぴり贅沢な自分へのご褒美・・・至福のひと時


一昨日あたりから朝通勤の際に感じる風が、ハッキリと秋の匂いがしてまいりました
少し前には帰宅の際にうるさかった蝉の鳴き声も、気が付いてみるといつの間にか虫の声に変っておりましたが、例年に比べ記録的な残暑ということで日中は蒸し暑さが長く続いたため、9月後半に入ってやっと秋らしくなってまいりました
暑さ寒さも彼岸まで・・・なるほどね!と感じる今日この頃であります
さて先日のブログをご覧になられたお客様の一部の方より、結局結婚記念日に何を選ばれたのですか?というご質問をチラホラとお尋ねいただいておりますが、とても素敵なロマンチックな想像を皆様が描いていらっしゃるようなので、ジュエリーショップ責任者としてとても大きなプレッシャーを感じております
物欲・・・正直なところ、これ!といって欲しいものが夫婦そろってお互いに近頃はあまりないような気もします
(日頃、うちの嫁さんはあまりジュエリー欲しがらないんですよ~なんて仰るご主人様方へ、差し上げて怒る奥さまはいらっしゃいませんよ!なんて言っている自分なのですが・・・本当スミマセン)
まあ例え方が適切ではないかもしれませんが、以前何かのテレビ番組のお宅拝見で、某有名ホテルのフレンチレストランの著名なシェフが、ご自宅では一切台所には立たず、奥さまの純和風の一般的には失礼ながら粗食と呼ばれるような一汁一菜のメニューが毎日の定番と紹介されていたことに近い感じでしょうか・・・
(ちょっと違うかな?)
当店にお越しいただく皆様へ、毎日YAMATOを通じて素敵なジュエリーが届くように誠心誠意のお手伝いをさせていただいているだけで、私たち自身が沢山ピカピカさせているというわけではないのですが、どうもイメージ的にはさも凄いジュエリーを贈っているような姿を想像されているようです
(営業的にはそうイメージしていただいていたほうが、良いのかもしれませんが・・・  )
もちろん来年は丁度20周年を迎えますので、それなりに気張って考えたいと思っております
そのような中、結婚記念日を祝って先日久しぶりにせっかくだから美味しいものでも食べに行こうと、私が絶対の信頼をおく東神奈川の割烹料理屋さんへ出かけてきました
大将と女将さんのご夫婦二人で30年、とても気さくに接していただけるお店でありながら、お料理は切れ味鋭い本物感いっぱいの絶妙なバランスの隠れ家的な和食処で、私もある方のご紹介で出入りをさせていただくようになり、自店と業種は違っても常にお客様にプロとして満足を感じさせるという商いの原点をいつも感じつつ、色々と考えさせていただくお店です
横浜駅の周辺は年中無休で朝から深夜まで営業のため、大手企業さんによる沢山のスタッフが支えるお店がほとんどですので、内装や器などに多大な設備投資をし凝った店づくりで勝負するお店や、マニュアル的には非の打ちどころのない接客をされるお店など、、それはそれでまた違った良さを学べますが、当店の進むべき方向はご夫婦お二人でいつも温かく迎えてくださるこのお店と同じように、美味しい幸せ感でお店を出るときに「ヨシ!明日からまた一生懸命頑張ろう!!!」とエネルギーを充電してくれるようなところを是非真似したいと願っております 

 
≪お造り・・・伊勢海老・烏賊・蛸・鮪≫

≪鮎塩焼き・たで酢≫


≪イチジクの天麩羅・甘鯛と生麩炊き合せ・蒸し鮑≫

≪生姜ご飯≫

Return Top