Toggle

未分類

ヨコハマといえば…そう、崎陽軒のシウマイ!

お子様たちの夏休みも残りわずかとなりました。
ここ横浜では、この夏国内最大イベントの呼び声でした開国開港Y150も目標入場者数に届かず苦戦しているようですが、他方横浜開港150周年記念事業で9月23日までみなとみらいのパシフィコ横浜で開催の「海のエジプト展」などは毎日一万人以上の入場で賑わっているようです。晴れ
そんな中、当店の地元横浜在住のお客様方の中で、密かに盛り上がっているY150関連の記念グッズがあります。
あのフィギュア製作で名高い㈱海洋堂が造形企画制作した、横浜開港150周年記念公式カプセルフィギア『 「たねまる」の横浜歴史紀行 』です。
(赤レンガ倉庫会場などのたねまる公式記念品ショップにて販売)

このシリーズには、国際都市横浜を象徴する人物から食べ物までをも含むバラエティ豊かなヨコハマゆかりのもの7種類のフィギュアがあり、コレクション好きな方々や、地元ヨコハマを愛して止まない方々が記念品として集めているようです。
最初の頃はこの水色ボール状ケースに小さな穴が開いていたので、当店のお客様もそこからなんとか中を覗き、7種揃えようとお目当てのテーマのフィギュアをゲットしようとされてたらしいのですが、敵…?もさるもので現在はこの穴にケース同色の小さなシールがわざわざ貼られ、覗けないようになってしまったみたいです。ショック
その7種のテーマの中に、№06として写真のような崎陽軒のシウマイのフィギュアがあります。
さすが海洋堂さん、芸が細かくしょう油入れのひょうちゃん(瓢箪形の陶器)はじめ、崎陽軒のシウマイを見事現物そっくりにフィギュア化してます。

そんな皆様よくご存じの崎陽軒のシウマイで、下の写真のような3種のシウマイ詰め合わせをご覧になられたことがおありでしょうか…

こちらはフィギュアではありません、横浜駅東口前の崎陽軒本店ビル一階の売店でのみ販売をしているお土産用のシウマイなんです。
(*生ものなので地方発送はしていただけません)
本店ビル内にある嘉宮本店の点心師による手作り王冠特製シウマイです。
(左からクワイとぷりぷり海老のシウマイ・真ん中はホウレン草とクロレラを練りこんだ緑色のコリコリの3種クラゲ(海のくらげと山クラゲと木くらげ)入りシウマイ・右の黄色いのはフカヒレと大葉をウコン入りの皮で包んだシウマイ )
蛇足ですが、このシウマイは再度蒸しあげてからいただくシウマイです。
横浜が地元の人でも、恐らく知る人ぞ知る崎陽軒の特製シウマイだとおもいますので、横浜駅東口を通る際にちょっと足をのばしてお試しになられてはいかがでしょうか・・・

Return Top