Toggle

未分類

今年は久しぶりに『ニ八(にっぱち)』という言葉を思い出しました…

昔から俗に二八(にっぱち)と言われる2月と8月は商売屋さんにとりましては寒さや暑さの気候によって客足が遠のく閑散期にあたり、
一年を通じてみると比較的ノンビリとした暇な月にあたると言われております
特に今年はこの異常な暑さ晴れで皆さんが外出を控えられたのか、まさしく二八で静かな毎日となりました
そんな時こそ実は普段ではなかなか時間的に確保することの出来ない仕事のチャンスとばかりに、8月のとある一日に旧知の業界では石屋さんと呼ばれる宝石輸入会社ビルをカンカン照りの中でまわって参りました
今回は3軒の石屋さんにて沢山のピンからキリまでの裸石を拝見させていただきましたが、三者(社?)三様でそれぞれにオーナーの方のお考えや特性、また顧客とする年代層や主要取引先の影響にもより、それぞれに趣の異なった宝石を拝見し、業界での新しい流れや初めて見る石なども手に触れて感じて参りました
<img src="/wp-content/blogs.dir/4/files/old/20110118_1549424.jpg" width="550" height="413" alt="" class="pict" /
▲時代を反映して今回は大振りな冴えのある天然石でありながら、最終的に手ごろな価格帯のジュエリーとなるような裸石を探し続けました。
この中で手に入り一番嬉しかったのが、右側に写る透明な変形カットの石ですが、皆さん何の宝石だと思われますか・・・?

当店もそうなのですが、いつのころからかインドやタイ、香港などの外国地球の石屋さんともごく普通に安心して取引が出来るようになりましたが、余程の高価格帯の宝石でない限り総じてロットと呼ばれる複数個が1単位になる取引が多いため、必要としない余計なものまで輸入することによりかえって大変ロスが生じやすく、当店のように量より質を重視したい場合には今なお生き残るバリバリの日本人の石屋さんからヨリとかヌキと呼ばれる1石だけでも日本人好みの冴えのある宝石を選ばさせてもらったほうが、案外に一番研ぎ澄まされた宝石(最高品質だけに拘るのではなく、価格と品物のバリューに優れる宝石)を納得の価格で選ぶことができるので好都合な場合が多いのです
(納得できなければ仕入れないだけの話なので・・・、余談になりますが海外へ高い旅費と滞在費、そして数日間の労力を費やして買い付けに行き、納得できないので何も買わずに帰ってきたなどという勇気は常人ではなかなかあり得ません)
基本的に通常の業務では、お客様のご予算の範囲内で希望される宝石を、購入後にお客様にとって一番活躍しそうなデザインのジュエリーに仕上げることを使命としておりますので、その都度ごとにいくつかの候補となる裸石を取り揃え、お客様と一緒に見比べて吟味することが多いのですが、そろそろ今年のクリスマスツリーに向かって仕込みを始める時期にもなりましたので、今回は手始めに自店オリジナルジュエリー用に『買って下さい!』と石が訴える叫び声がわたくしの心に感じられた裸石をいくつか選んで参りました
<img src="/wp-content/blogs.dir/4/files/old/20110118_1549425.jpg" width="550" height="413" alt="" class="pict" /<span style="color:#0000FF<span style="color:#0000FF
▲一年を通じて常に冴えのある宝石を探し求めているのが、誕生石に該当する宝石種です。
価格と大きさと勿論綺麗さのバランスがとれた「これは!・・・」という石はできる限りストックできるように心がけております。

これからクリスマス・年末に向かって、これらの裸石をひとつひとつその魅力を最大限に生かしたデザインのジュエリーを順次生み出して赤ちゃんまいります
よく陶芸家がせっかく手間暇かけて焼いた作品を、自分自身で世に送り出す気にはならないと粉々に砕く工具シーンをテレビ番組でみることがありますが、横浜YAMATOも自店オリジナルのジュエリーは勿論のこと、リフォームさせていただいたジュエリーも含めて全てのジュエリーを世に送り出す自信がありますと言えるレベルを維持出来るよう、陶芸家の心持ちと同じように妥協せず強い意志を持ち続けていきたいと考えております
台風一過曇り今週に入って一瞬ですが暑さも和らぎ、お客様のご来店が増えて参りました
横浜駅近くにお出かけの際には是非YAMATOのショーウインドウをのぞいてみてください、
これらの新作ジュエリーが順次でデビューして参ります
<img src="/wp-content/blogs.dir/4/files/old/20110118_1549426.jpg" width="400" height="400" alt="" class="pict" /<span style="color:#0000FF
▲今回買い付けの裸石群から生まれました第一号のオリジナルジュエリー。
プラチナ台に鮮やかなアクアブルーが輝く(画像では青みが飛んで分かりにくいかもしれませんが・・・)アクアマリンリング。

Return Top