Toggle

未分類

山の神、海の神、日本総鎮守の森を訪ねて・・・

 
つい先日、四国は愛媛県へ出張があり空路  松山空港へ向かいました 
過去に真珠養殖業で有名な宇和島へ訪れる際に松山空港を使うことはありましたが、松山城へは行ったことがなかったので、今回初めて訪ねて参りました
お城へは街中からロープウエイと一人乗りゴンドラにて行くことができ、文字通り山頂にある天守閣  からは松山の町並みが一望の絶景でした 
司馬遼太郎さんが生前は映像化を許さなかった「坂の上の雲」を、NHKがドラマ化することを許され現在異例の3年にわたる長期間の放映をされていることもあって、町の中いたるところに秋山兄弟、正岡子規に扮する阿部寛さん、本木雅弘さん、香川照之さんのポスターが見受けられました
(ちなみに真之役の本木雅弘さん自筆の大きな書額  が、坂の上の雲ミュージアムに展示されておりましたが、あまりの立派な書に失礼ながらその意外さと凄さに見とれてしまいました)
その後道後温泉  に一泊し、翌日は今治市を通過して「しまなみ海道」多々羅大橋  より、尾道から広島空港へ出て帰途に就くコースを巡ってきました
その道中、平山郁夫美術館  (とにかく小学・中学校時代のスケッチブック  の尋常ならざる作品群と、同じく自分に1000冊の本  を読破することを課した克明な読書ノートには心底感服してしまいました)にも立ち寄れて満足だったのですが、なかでも一番の嬉しさは大三島にある大山祇神社(おおやまづみじんじゃ) へ参詣できたことでした
工事中の山門から境内に入り、玉砂利の参道を奥へ向かって進んでいくと大変大きな樹木  が鎮座する姿が目に入ってまいりました。
これこそが是非直にこの目で拝見したいと願っておりました御神木の樹齢2600年といわれる大楠(国の天然記念物)です

やはり実際にこのような古木を目の前にすると自然と神々しいものを認識し、気のせいかあたり一面の空気  も爽やかで清々しいなにかを全身で感じることができました
しばらく境内を散歩し、宝物館にて源義経、頼朝時代の戦勝祈願で奉納された刀剣類  なども急ぎ足で見学させていただきました
(ちょっと小耳にはさんだお話では、日本国内の文化財に指定されている甲冑類  の三分の一が、こちらの宝物館にて保存されているとのことでした)
出張から戻ると早速にジュエリー  ショップにとりまして一年のうちで最大の繁忙期であるクリスマス  商戦の準備に取り掛かりまして、2600年の樹齢を誇る御神木に頂戴した清々しい気で身を清めたと信じる私は、お客様のお顔をお一人お一人思い浮かべながら様々な仕込み作業を開始しました
そのようなの中で20数年来のパートナーが遠方より久しぶりに立ち寄り、南洋白蝶貝から生み出される南洋白真珠と一般に呼ばれる直径16ミリ近くのほぼ真円で、ほぼキズ気のない、綺麗な輝きの大珠を見せられました
30年弱この業界にてお仕事をさせていただく中で、数度はこれに近い品物を身近に触れた経験もありますが(俗に言うバブル時代ですが)、通常このぐらいの品になると売り手のオーナーさんの希望される言い値で大体が目の飛び出るような価格を言われるのが常なのですが、今回は実直なオーナーさんということもあり提示された価格には驚かず、直感的に価格を品物の魅力が大きく上回っていることを確信しました

自然界から生れ出る鉱物をはじめ、真珠や珊瑚などの有機物も含め日頃から宝石  と呼ばれる品々を扱う私たちは、漁師  の方や農家  の方、果ては調理人  や板前  とよばれるお仕事の方と同様に、自然の産物に感謝と敬意を払いながら、その潜在的に持つ魅力をさらに引き出し、皆さんの日々の暮らしに喜びや感動、さらには元気出しの応援となるようなジュエリー  を生み出しお配りしたいと願ってます


きっとこの南洋真珠の指輪をお付けになられたお客様も、わたくしが大三島のご神木から頂戴したと感ずるエネルギー  と同じ清々しさ  を受け取っていただけることと信じております
このところ一気に寒気  が襲って参りました、明日27日日曜日は当店でブライダルジュエリーをご購入いただきましたお客様が、奇しくも3組挙式  2組ご結納 (ご両家お食事会) を開催されます
どうか素敵で思い出に残る、ハレの日となりますことを心から祈っております・・・

Return Top