Toggle

新着情報

生命力の凄さ…

昨日は暑かったですねぇ・・・、たまたま通りかかったスカイビル地下2階にあるスカイビジョンで、各地で軒並み38度を超えたという夜7時のNHKニュースをやっていましたが、もう気温35度以上と聞いてもなんだか全然驚かなくなってしまいました
やはりこう考えると、冷房のもとで仕事ができることを感謝せねばなりません
さていよいよお盆休みも終わり、常日頃YAMATOを支えていただく錺職人さんをはじめ、メッキ屋さん、宝石鑑別機関なども通常ベースでの営業再開となり、当店もお盆休み中に承った修理やリフォームの手配に昨日からかかりきりになっております
プライベートでは今年のお盆は、我がご先祖様が眠る北陸金沢のお寺からご住職にお越しいただきでんしゃ、実家の仏壇にてお盆供養のお題目を上げていただきました
その翌日は私も半日のお休みをいただき、ご住職ご夫妻お帰りまでの間に地元鎌倉をご案内してまいりました
普段は勤務地の横浜駅周辺ばかりウロチョロしているため、太陽おてんきの下で地元をゆっくり巡るなんてことはなかなか難しく、このように余所からのお客様をご案内する機会にのみ、私自身も街並みの様々な変化や新しいお店を発見するということになります
今回は時間的に限られた中での慌ただしい観光でしたので、自分自身も久しぶりに行きたかった一番身近な鶴岡八幡宮へ向かいました

▲ぼんぼり祭り前日だった為、ぼんぼりの台座が並ぶ鎌倉鶴岡八幡宮境内
皆様も今年3月10日に、御神木の樹齢800年以上といわれる大銀杏が倒れたというニュースはお聞きになられたと思いますが、その後の新聞報道によればなんとか同じ株から再度銀杏を再生すべく、クローン苗を作り遺伝子的に大銀杏を残すことまであらゆる手立てを講じられ、5月には再生を願う植物市民にも記帳所でのお志しに対し、折れてしまった御神木の枝の一部をお分けします等々のニュースがございました
そんなわけで早速にご住職ご夫妻と、大銀杏の場所へ様子を見に向かいました

▲左:大銀杏再生を願う子供たちからの寄せ書きの奉納大絵馬  ▲中:残った根部分からも想像以上の青々と繁る新芽の青葉が成長して…  ▲右:右奥に見える太い幹が倒れた後すぐに植え替えられた元々の根元部分から切り離された幹で、こちらにも新芽の若葉がいっぱいでした…
当初のニュース等では大銀杏再生は難しい…みたいな報道もありましたが、今回ヒコバエと言われている若芽の葉っぱが強い夏の日差しにあたりながら青々と繁っている姿を目の当たりにして、樹齢800年を超える樹木のその生命力の凄さに感心をいたしました
そのまま大石段を上がり本宮に参拝した後に振りかえってみると、海岸船からの爽やかな浜風により、なんとも言えぬ一服の清涼感の心地よさを全身に浴びることができました
◄本宮前の大石段上より舞殿→二の鳥居→段葛(だんかづら)→海岸方面を望む
『大銀杏のヒコバエを目のあたりにして、さぁ僕も今年後半戦に向かってまた頑張ろうっと!』心した真夏鎌倉での半日でした… よつばのクローバー

Return Top