Toggle

未分類

花より団子・・・・桜も満開を過ぎ、文字通り桜吹雪となりはじめました

先週末より暖かい日  が続きすっかり春らしい日々となり、自宅から通勤途中に見ることができる桜  はどこもほぼ満開のピークを過ぎたようです
自宅近くにも地元では桜の名所と知られる公園  があり、毎日行き帰りに仰ぎ見る桜の木々  にしばし足を止め、春の香りを思い切り吸い込むように深呼吸したりしております
私自身は土日は営業日なのであまりお花見  の経験がないのですが、先日の月曜日朝には公園近くに設置される自動販売機横の缶やペットボトル専用のゴミ箱  の上に、沢山の宴の後の生ごみ  やアルコール類の空き瓶が積もっている光景を目にして、アルコールがお好きな方々にとっては、満開の桜シーズンは千載一遇のチャンスと言ったら大袈裟かもしれませんが、待ってました!という機会なのでしょう・・・
わたくしは花  より団子 、美味しいお酒  と美味しい饅頭  でしたら無条件で美味しい饅頭を選択するので、勤め人時代には一部の方から「あんこチャン」と呼ばれておりました
そんな私のお気に入りの和菓子の中の一つに、京都八坂神社前のお店で作られています「清浄歓喜団」というお菓子があります
 
もう数十年前からになると思いますが、旧スカイビル商店会の関係で当社社長が毎年京都伏見稲荷大社  へ参拝へ行く習慣が続いており、京都のどなたかにこのお菓子のことをお聞きしてから、機会があればお土産に買って帰ってくるようなことになり、私が小学生当時でしょうか最初に口にしたときは正直美味しい!という感覚ではなく、両親から縁起の良いものだからと言われ食べていたような気がします
この清浄歓喜団は奈良時代に遣唐使が持ち帰った日本の菓子の原型にあたるようなお菓子らしく、神仏にお供えするためのものだったようです

ごま油で揚げていることもあってか、つつまれる香のものの何とも言えない独特の香りがあり、また中には水分の少ないようなこし餡が入っているのですが、いまでは昔懐かしい味との認識もあってか、他所にはない独特の和菓子(正確には唐菓子だそうですが・・・)で私自身の好物です
そしてもうひとつおまけに、このところ気にいっているのが「れもん甘納豆」です
まあ簡単に言えばレモンピールなのですが、国産のレモン  の皮を砂糖漬けにしたものでレモンの酸っぱいような苦いような爽やかさと甘味がマッチして、ホッと一息入れる際には清涼感でいっぱいになります
難を言えば摘まんだ指が相当ベトベトとなりますので、ダイエットを心がけねばならない私にとっては
あまりバカバカ食べることは控えねばならない点でしょうか・・・

仕事を抜け出して買い出しに通ってるうちお店の方にも認識されるようになり、れもん甘納豆は春シーズンだけのメニューのため今月中で終了となり、次は青梅  甘納豆に変わるとお教えいただきました

花より団子、以前はダイヤモンド  卸しの会社に勤務し出張へ行く先々で知る人ぞ知るお菓子情報をキャッチしていましたが、毎日自宅と店の往復  の生活となってから、ちょっぴり情報不足気味のため残念に感じております・・・
 

Return Top