Toggle

新着情報

諏訪北澤美術館探訪…

先だって十数年振りに長野県の諏訪湖まで、行って参りました。
今回の諏訪行きの目的は、諏訪北澤美術館へ訪問することでした。

3年前くらいに、業界では最高峰と言われるM社のあるOBの方からお声をかけていただき、ジュエリー業界の中で製造・輸入・卸・小売り・企画、さらにはジュエリー専門学校生までをも含んだ、流通の川上から川下や,地域や年齢また取り扱うジュエリーも違った様々な方々の中から、向上心と好奇心が旺盛な顔ぶれが集い、利害関係が余りない者同志お互いの考えや活動報告、情報交換などを定期的に執り行う活動を主とするクラブのメンバーにしていただきました。
その後毎回楽しく、そして真剣に、明日のジュエリー業界について語り合っておりますが、今回同じメンバーのデザイナー中嶋邦夫さんが諏訪北澤美術館にて個展を開催されているということで、いつもは銀座での勉強会を個展見学も兼ねて一泊合宿で今回は諏訪湖畔にて開催するとの案内がありましたので参加して参りました。
中嶋邦夫さんの作品というか、ジュエリー自体を書籍等以外で拝見するのは初めてでしたが、エマイユ細工の繊細なお仕事振りを垣間見させていただき、日頃これらのジュエリーを実際に販売をされビジネスとして継続されている凄さに感服致しました。
今回の合宿には、隣県の山梨県甲府市からも貴金属装身具製造の一級技能士資格をもつ職人さんが数人合流され、メンバーの皆さんのエネルギッシュなお話にも感化され、当店の新たな取り組みアイテムを未だぼんやりとした考えではありますが、なんとなくおぼろげに脳裏に浮かんで参りました。ひらめき
当店の目指すジュエリーは、一部のコレクターや富裕層の方々だけのものではなく、日常の生活の中にスパイスとして隠し味のように、毎日の生活の軌道をより味わい深く、思い出深いものにするものを目指しております。
自分自身でも、小学生時代父から初めて買ってもらった自転車、青春時代の全てをかけていたバスケットボールバスケットボールのユニフォーム、初ボーナススで購入した腕時計… 、自転車はすでに無くなってしまいましたが、これらの品は私の人生の一部です。(小さくて薄汚れた中学時代のユニフォームは、何度となく身内に廃棄される難を逃れて現存しております)
今回中嶋邦夫さんのジュエリーを拝見していて、いろいろな意味でジュエリーの潜在的な「後世に残す…」という意味合いを強く感じました。

『北澤美術館で購入してきた中嶋さんの作品集 「in The Garden・・・」柏書店松原㈱発行 定価2,730円』
中嶋邦夫さんの個展は、9月23日まで諏訪北澤美術館新館にて開催中です!

製作者は後世に残すことに耐えうるジュエリー製作を目指し、直接お客様と接する私たちはジュエリーを販売する際に、お客様にとってより思い出深く、より意味深いものとなるようなお手伝いを目指し、皆さんひとりひとりの人生に刻まれる記しとなるジュエリーをご提供することが使命と感じております。
今月も9年前に当店でブライダルジュエリーを購入されたご夫婦が、先月三人目で待望の男の子が誕生された赤ちゃんとご来店いただき、二人のお姉ちゃん同様に
出産記念の3本目のリングをご注文いただきました。
「今回ご注文いただくこの指輪は、100年後に果たしてどなたの手に飾られてますかねぇ…」と中嶋さんの個展に感化されたのか、ご夫妻と赤ちゃんのお顔をのぞきながら、100年単位の物差しで話をしている自分に気がつきました。

Return Top