Toggle

未分類

贅沢・ぜいたく・ゼイタク…

贅沢…「必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。」・・・と辞書によれば説明されておりますが、贅沢星かどうかの基準は、皆さんそれぞれに若干違うと思います。
ジュエリーは一般的には贅沢品と呼ばれやすい品物ですが、ご結婚前に購入し、生涯にわたり毎日愛用されるマリッジリングなどは贅沢品?というよりは生活必要品(必需品ではないでしょうが…)と呼んだほうがピッタリなのではと私自身は思っています。
ではジュエリーショップの店長をしてます私が一番贅沢をイメージするものは何ですかと問われれば、お恥ずかしながらそれは断トツで『鮑…アワビ』と答えます。
料理屋さんでアワビなんかが出てきたら、わぁ!お勘定高そう…と、自分で支払いをしない場合でもドキドキと心配になってしまいます。
本当に若かりし頃、ある百貨店様の仕事のお手伝いで、伊勢志摩の志摩観光ホテルに行った際、日頃大変尊敬していた厳しい上司が、意外にもせっかくここまで来たんだからと言って有名なダイニングで食事をご馳走になり(いま思えば良い時代でした…)、数千円もするカレーをいただいたことがありました。
人間欲深く、伊勢志摩まで来て、なんだカレーかと思っていたら、アワビがゴロゴロとサイコロ状にたくさん入った、見たこともないカレーライスが出てきて、大人の世界の凄さを垣間見た気がしました。(カレーにアワビはもったいないとも思いもしましたが…)
人によればアワビよりも牛肉だ!という方がいるかもしれませんが、わたくし的には、「ここはA5ランクのブランド牛を使ってるんだよ!…」なんてプロっぽく説明をする友人には申し訳ありませんが、どんな高級牛肉馬でも、贅沢感ではアワビには絶対に勝てないと思っております。
さて話は変わって、昨日帰宅したところ、以前大変お世話になった年長の方より、わたくしが『鮑アワビ』に次いで贅沢を感じる『山形産のさくらんぼ』が沢山届いておりました。

果物には目がない私ですが、なかなか『さくらんぼ』を自分で買って帰るということはありませんので、早速大量のさくらんぼを見つけた次男が、少年野球の試合に持参するお弁当にさくらんぼをたくさん入れてくれ!と言って持って行ったようで、お友達にも好評で分けあって一緒に食べたとのことでした。

あまりにも沢山のさくらんぼが届いたため、夕食時にもバンバン食べる息子の横で、『もっと大切に、ゆっくり味わって食べなさい!』とつい大人気ない対応をとる自分に笑ってしまいました。
贅沢…って、毎日の生活にたまには必要なものですよね!。
さて、あなたにとって一番の贅沢は何でしょうか?。

Return Top