Toggle

店長のつぶやき

横浜YAMATO 子ども美術館

今年の暦は正月三が日過ぎにほとんどの皆さんが仕事初めとなり、お正月気分でのんびりゆったりとはちょっといかない感じでしょうか…

当店は2日朝よりすでに通常営業をしておりますが、今年は営業開始早々から普段あまり当店としては経験のないアジアの国々からいらした方々のご入店が多く見られました

日頃テレビ番組や新聞などでインバウンド関連のニュースを見てもいまひとつ他人事でしたが、今回の年末年始は海外からのお客様の多さを実感いたしました

さて横浜YAMATOは毎年のことですが年末時期に一年で最大の繁忙期を迎え、たくさんのお客様にお越しいただきますが、以前に当店にてブライダルジュエリーをご購入いただきましたご家族の方々との懐かしい再会や、お電話やメールにてご遠方から顧客さまよりジュエリーのご注文もあり、本当に有難いことで感謝しております

そのようななかでお子さまたちを連れてご来店いただくご家族も多く、未就学のお子さまはまだ幼く記憶にも残らないかもしれませんが、お母様が着けているジュエリーを購入した際に自分も一緒にその場にいた…という事実は将来格別なものになり得ると宝石商として確信しております

特に未就学のお子さまたちは、店内でじっと大人しくしていることがはなから無理なことであり、特に接客場所にジュエリーが並び出すと男女を問わずキラキラしたものについ手が伸ばしたいものなのです

そこで横浜YAMATOでは約1時間前後の間、親御さんが少しでもゆっくりとジュエリーを選べるように専念できるようお子さまたちに課題を与えさせていただいてます

その課題とは…

「おじさんのことを絵に描いて‼︎」

今回は昨年クリスマスシーズンの優秀作品をご披露させていただきます

YAMATO子ども美術館

この絵を黙って描きあげ、出来た!という声で見せてもらった際、子どもの計り知れない能力の凄さを感じました

わたしの胴体の + 模様にご注目…

そして当日のわたし着用シャツがこちら

店長シャツの柄
特徴を直感で端的に掴んでます…

ちなみに下半分は下半身ではなく、当店の接客カウンターショーケースと推察されます

そして次は3歳の部⬇︎


俊ちゃんが感じたわたくしを表現されております

ちなみにお名前はお母様がお手伝い

俊ちゃんのお父様は十数年前に実姉の依頼で当店に初めてお買い物に来られ、その後もお仕事などでお使いの餞別や御礼の品などをたびたびご依頼いただき、そして彼女への贈り物が、いつしかご婚約者へのブライダルジュエリーに変わり、披露宴の引き出物からご結婚後も引き続き家族の大切な記念の品をご用命賜り、昨年クリスマスには俊ちゃんの妹誕生記念のジュエリーをご用命いただきました

2代目スカイビル開業から今年で20年、開業当時にブライダルジュエリーをご購入いただいたお客様のお子様がいよいよ成人を迎えます

2016 ヨコハマスカイ 20周年 2016年、さあ今年はどんな出会いやストーリーが生まれるのか…

横浜YAMATOは年中無休で皆さまのお立ち寄りをお待ちしております

Return Top