Toggle

グルメ

名店とは…

山の幸、海の幸に恵まれる味覚の秋到来です

世の中にはたくさんの美味しいものが存在しますが、わたくしの今迄の人生での好物をあげれば、トンカツはどうしても外せません

このごろは健康志向で揚げ物類は厳しい目を向けられがちで、わたくしも今さらですが中高年世代となった現在では一応摂取回数を抑えつつ、たまに我慢を解放する喜びで楽しんでおります

昭和43年に開業しました12階建ての旧横浜スカイビル、その地下にはトンカツ専門店がフロアの奥まったところにありまして、わたくしが高校生時代ぐらいまでだったでしょうか、お茶漬けトンカツという個性的なメニューがあり、恐らく旧スカイビルに出入りしていらした方には懐かしい思い出の味だったと思います

その後横浜駅上に横浜ルミネが開業、こちらのレストラン街にもトンカツ専門店がオープンし、当時はこのお店が大のお気に入りで、現在ソニープラザさんやビームスさんがある地下にも開業当時はデパ地下のように惣菜売り場がありましたので、このトンカツ専門店のお持ち帰り売店もよく利用しておりました

更に遡ると社会人スタートの勤務地は東京上野、こちらがまたトンカツ発祥の地、トンカツ御三家といわれる名店がございまして、薄給の身にはちょっと敷居が高いお店もあり、御三家のまったく趣も、トンカツ自体も違うそれぞれの名店の魅力を本当にたまにでしたが味わっておりました

働きだしてから数年後でしょうか、先輩の指示で届けものに伺った渋谷道玄坂で、何気なく白布の暖簾に惹かれ入ったカウンター数席だけのトンカツ屋さんが当時のわたくしにはベスト1のお店となり、よく先輩にお届けものがあったらいつでも言ってください…と自分の担当エリア外の渋谷行きを熱望してました

しかしカウンター数席の店なので、食事タイムにはなかなか入ることが叶わず、しばらく後に少し坂を下った路地の角に同じお店の大店がオープンしたのですが、なんとなくカウンターのお店とは違って満足ができず、舌だけでなく、目や耳、鼻からの味わい感覚も坂上のカウンターのお店がダントツ一番でした

ここ数年は久しぶりにトンカツ食べようという時は横浜の老舗トンカツ屋さんへ行くことが多くなりました 

馬車道 勝烈庵の鳥カツ そんなトンカツ好きの歩みの中、最近その名をよく聞いていて、ずっと一度行ってみたいと思い続けていたトンカツ専門店行く機会に恵まれました

茅ヶ崎 とんかつ大関

いや〜本当に美味しいです‼︎

なにを頼んでも美味しい、久々に感動し渋谷道玄坂の白布暖簾のカウンターのお店の感動がよみがりました

平日の夕方5時過ぎに行ったのですが、すでに満席に近く、このお店の人気のほどがわかりました
一緒に行ったメンバーで様々なメニューをシェアして、いろいろ味を堪能しました 

ロースカツ

テーブルに揚げたての品が次々に運ばれてきたときには、歓声とともにこんなボリューム食べ切れるかと思いましたが、あっと言う間に完食となりました

どれも美味しかったので、メニューをみた際に気になっていた海老フライとクリームコロッケを自宅へのお土産にそっと頼みました 

有頭クルマ海老のフライとカニクリームコロッケ   メンバー皆んな幸福な顔でご馳走さまとなり、会計に向かいました

レジ前にはオーナーさんと思わしき年配の品の良い男性がいらっしゃり、「どちらからお越しになられたんですか?」と問いかけられ、この方とちょっとした数分の会話となりました

会計を済ませ、駐車場に停めた車に乗り込み、次々と店内に飲み込まれるお客様も横目で見ながら車を出しお店をあとにしました

このトンカツ屋さんのメニューに並ぶ価格表示は決して安い価格ではありませんでしたが、帰りの車中にて感じた幸福感と余韻はメニュー価格では逆に安いぐらい…と感じるお値打ち感でした 

まさしく噂どおりの名店でした

早く、また行きたい…

 レジ前のご主人からいただいた縁起独楽 

 

Return Top